朝が苦手な人の快眠テク!カーテンで光をコントロールせよ!!

万年お疲れ体質のキャリア女性に
20代の頃の若さを取り戻す睡眠術を教えている

アンチエイジング睡眠の依田恭平です!

 

今日は『朝起きれない』という人から質問がありましたので、そのことについての回答を書いていきたいと思います。

 

質問
朝がなかなか起きれないのですが、何か朝できる対処法があれば教えてください。

人間は朝に光を浴びることで目覚める習性があります。

カーテンを閉め切ってままの暗い部屋では、いつまで経っても身体が朝だと感じることができないため、対策としては、寝る前にカーテンを解放した状態にして光が入る状況を作ってあげましょう。

 

分厚い遮光カーテンを使用している人は、薄い素材に変えてあげたり、可能ならカーテンは全開にしてあげると、日の光が時間とともに部屋に入ってくるので、体内時計が狂うのを防ぐことができます。

ただ、プライバシーや防犯上のことを考えると、全てカーテンを開けた状態に出来ない人も多いかと思います。

 

【その場合は】

・3cmだけカーテンを開ける
・薄いレースのカーテンにしてあげる

 

それでも起きられない人や、そもそも日の光が入り込まない部屋の人は、人工的に光を作り出してあげる方法を試してみてください。

光で起こしてくれる目覚まし時計を活用してみたり、テレビのタイマーをセットして、ブルーライトの光が目に入るようにしてあげましょう。

ダウンロード

ブルーライトというと一般的に悪い意味で使われることが多いのですが、要は使いどころの問題です。

夜に使うと脳が覚醒してしまい、睡眠の質を下げてしまいますが朝に使えば、脳は早く目覚めるでしょう。

メールなどの返信も、夜にはせずに、朝の習慣として取り入れると効果的ですね。

朝起きられない人は、光をコントロールしてみましょう。

 

 

ベストセラー本『スタンフォード式 最高の睡眠』にも書かれていない
【睡眠負債】が溜まらない眠り方はこちらの講座より!

睡眠の改善を通して
いつまでも自分の人生を思いのままに楽しめる
自分至上最高カラダを手に入れるための
3つの約束をお教えします。
【セミナー申込み・詳細はこちら⇩⇩】

 

㊙の睡眠習慣をプレゼント


【頭痛にお困りのあなたへ】
頭痛の原因は睡眠から!
あなたの睡眠をよくする7STEPを公開しています!

『魅力的な人が絶対にやっている未来ライフな㊙︎睡眠習慣』
今だけこっそりLINE@で教えてます
【↓登録はこちらから↓】

友だち追加

あなたの頭痛を今スグ解消するなら!


不眠・頭痛・眼精疲労
姿勢改善・骨盤矯正
今スグに治したいのならコチラをチェック!↓


この記事のシェアはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です