睡眠不足は飲酒運転に匹敵するリスクがある

こんにちは!

万年お疲れ体質のキャリア女性に
20代の頃の若さを取り戻す睡眠術を教えている
アンチエイジング睡眠の依田恭平です^ ^

先日、中田英寿のプロデュースする”SAKE”イベント
「クラフトサケウィーク アット 六本木ヒルズ 2018」に行って来ました!

中田英寿の哲学が好きで、
昔からファンなんですけど、

毎年一人でトコトコ、
このイベントには遊びに行ってます(●´ω`●)

下に降りたらすごい賑わいじゃ

日本酒の銘柄はそんなに詳しくないですが、
日本酒って知っておくと、
地方の人と結構仲良くなれるし話弾みます😉

お酒はコミュニケーションツール
日本酒の知識もコミュニケーションツールです♪

飲んだ中では、山形の『十四代』が好みでした♪

 

っていう感じで日本酒を舌鼓していたら
はうっ、中田いた(●´ω`●)

あんまり滅多ことで感動とかしないんですけど、
さすがに感動しました。ファンなので。

SPもいたし、写真はこれが限界。。

んー、残念。

 

睡眠不足は飲酒運転と同じ!?

お酒の話の流れで今日みなさんにお伝えしたいことは、
寝不足は飲酒運転に匹敵するほど集中力が下がるということです。

AAA交通安全基金調査によると、

「睡眠時間が5時間未満になると飲酒運転に匹敵するリスクがある」という調査結果が発表されています。

人が十分に覚醒して作業を行うことが可能なのは起床後12〜13時間が限界です。

起床後15時間以上では酒気帯び運転と同程度の作業能率になり、
起床後17時間を過ぎると酒酔い運転と同じ作業能率まで低下します。

と言うことは、
結構な確率でみなさん酒帯び運転と同じ状態で生活をしていたり、仕事しているのです。

私の周りの友達の中に

「お酒飲むとその後仕事にならない」

こう言って、お酒の席を断って、夜遅くまで仕事をしている人がいるんですけど、これ、結構効率悪いのがお分かりですよね?笑

ビジネスマンの中にもこういうスタンスの人多いんですけど、我慢するくらいなら
サクッと飲んで、スッと寝て、朝やったら良いんです♪

こういう知識を一つ知ってるだけで、人付き合いや、夜の時間の使い方も変わるので、ぜひ参考にしてください。

 

お読みいただきまして、
ありがとうございます😊

アンチエイジング睡眠
依田恭平

 

アンチエイジング睡眠説明会
\今月も残2席になりました!!/

アンチエイジング睡眠で脳内をスッキリ清潔に!!
⇩セミナーの詳細・お申し込みはこちら⇩

睡眠で体質は正せる!!
アンチエイジング睡眠で脳内をスッキリ清潔に!!

7日間でアンチエイジング体質に生まれ変わる
無料メール講座はこちら⇩⇩