眠れない人必見!たった1分で眠りに落ちる【478呼吸法】

万年お疲れ体質のキャリア女性に
20代の頃の若さを取り戻す睡眠術を教えている

アンチエイジング睡眠の依田恭平です!!

 

先日アンチエイジング睡眠のお客様からこんな質問をいただきました。

質問
質問 目を閉じると頭でいろいろ考えてしまって眠れない時があるのですが何か良い対処法はありますか?

眠れないって本当に辛いですよね。

なんだか頭が重だるくてスッキリしないし、次の日にも支障を来たしてしまいます。

こんな時は、気持ちを落ち着ける、リラックスするという方向に持っていく必要があります。

これが簡単にできるのが呼吸法です。

中でもオススメは【478呼吸法】です。

478呼吸法を行うことによって、例えば仕事で嫌なことがあったり、上手くいかなかった日だったとしても、気持ちを整理して落ち着けることができます。

1日を1日としてリセットできるので、次の日も頭がスッキリ、クリアな気持ちで迎えられるようになります。

 

478呼吸法とは?

478呼吸法はアリゾナ大学の医学部教授であるアンドルー・ワイル博士が考案した呼吸法で、マインドフルネス呼吸法とも呼ばれています。

眠れない時の原因の1つに心理的な要因が挙げられます。

ストレスや不安がある時というのは、目を閉じると頭でいろいろなことを考えてしまうので、脳が覚醒してしまってなかなか寝付けなくなってしまいます。

脳が覚醒している状態の時は、交感神経が優位に働いているので、呼吸は浅く早くなります。

要は、リラックスとはほど遠い状態になるので、睡眠の質が低く、熟睡感は味わえません。

 

このような状態を呼吸でコントロールする手法が478呼吸法です。

大きく、ゆっくりと呼吸をすることで肺に多くの酸素を取り入れることで、心臓や中枢神経を落ち着かせ、乱れた精神を落ち着かせることができるのです。

この呼吸法は、眠れない人が眠れるようになる睡眠法として紹介されることが多いのですが、日中の活動時に心を落ち着かせたい時にも有効です。

試合前に緊張している時や、テスト前の落ち着きたい時に行うことで、普段の自分を取り戻す時のメンタルコントロールとしても役立ちます。

やり方はとても簡単ですので、ぜひ以下のやり方を見て実践してみてください。

 

478呼吸法のやり方

やり方はとても簡単です。

4秒かけて鼻から吸う→7秒間息を止める→8秒かけて口から吐く

この繰り返しです。

 

ポイントとしては、苦しくなるほど無理に行うのではなく、自然に行うことが大切です。

呼吸はゆっくり行ってください。

吐く方をより意識して行うと高い効果を得ることができます。

 

478呼吸で快眠ライフを手に入れよう!!

478呼吸法はいかがだったでしょうか?

アメリカの南カリフォルニア大学研究グループによると、瞑想(呼吸法)を行った人たちは、睡眠障害の改善がみられたという報告をしています。

なんと、実際に不眠やうつ、疲労感などが改善したのです。

眠れない時に枕を変えたり、日常生活の習慣を変えることはとても大切です。

ただ、すぐに実践できなかったり、コスト面が障害になることがあるのも事実なので、今日からすぐ実践できる478呼吸法をぜひ試してみてください。

今日の話があなたのお役に立てれば幸いです。

アンチエイジング睡眠
依田恭平

 

 

PS:今日の内容はいかがでしたか?
まずは、5秒でLINE@でお友達になりましょう^ ^
LINE登録はこちら

 

アンチエイジング睡眠説明会
\今月も残2席になりました!!/

アンチエイジング睡眠で脳内をスッキリ清潔に!!
⇩セミナーの詳細・お申し込みはこちら⇩

 

睡眠で体質は正せる!!
アンチエイジング睡眠で脳内をスッキリ清潔に!!

7日間でアンチエイジング体質に生まれ変わる
無料メール講座はこちら⇩⇩

㊙の睡眠習慣をプレゼント


【頭痛にお困りのあなたへ】
頭痛の原因は睡眠から!
あなたの睡眠をよくする7STEPを公開しています!

『魅力的な人が絶対にやっている未来ライフな㊙︎睡眠習慣』
今だけこっそりLINE@で教えてます
【↓登録はこちらから↓】

友だち追加

あなたの頭痛を今スグ解消するなら!


不眠・頭痛・眼精疲労
姿勢改善・骨盤矯正
今スグに治したいのならコチラをチェック!↓


この記事のシェアはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です