冷え性で眠れない人必見!冷えを加速させる食材とは?

……………………………………………………..
WHAT’S NEW  最新情報

…………………………………………………….・*

〜君たちはどう生きるのか?〜
2時間で将来の不調が消える快眠体質が手に入る!
アンチエイジング睡眠説明会

1月6日(日)18:00〜20:30

↓本日よりセミナー申込開始↓
詳細・申し込みはこちら

8名限定の少人数説明会!

お席の埋まりが早いことが予想されますので
参加表明はお早めに(^ ^)

 

……………………………………………

【本日の内容】

冷え性で眠れない人必見!冷えを加速させる食材とは?

……………………………………………….・*

 

万年お疲れ体質のキャリア女性に
20代の頃の若さを取り戻す睡眠術を教えている

アンチエイジング睡眠の依田恭平です!!

 

冬の寒さが厳しい時期の
眠れない原因の
第1位は『冷え』です。

 

『お風呂に入ったのに、ベッドに移動する頃にはもう手足が冷えてしまって、、』

こんなお声はクライアントさんから良く聞きますし、

 

『あー、早くお布団が暖かくならないかなー。。』

こんな感じに手足をこすりつけながら
カラダを丸くしながら
暖かくなるのを待っている人も
多いんじゃないでしょうか?

 

特に、女性の方が男性より
冷えで悩む人が圧倒的に多く

 

女性の約7割が
冷えに悩んでいる
辛いと感じている
というデータが出ているくらいです。

 

理由としては、
・熱を作り出す筋肉が少ない
・皮膚の表面温度が低い
・月経の影響で貧血や低血圧の人が多い

このような理由が挙げられます。

 

ちなみに、
冬の時期にクライアントさんと話していると

『冷えがヒドイので靴下5枚くらい履いて寝ています。』

 

こんな人がたまにいるんですが
これ、絶対にやめてくださいね。笑

 

夜間の体温調節がうまく出来なくなるので、
睡眠の質を下げる要因になります。

 

詳細は過去記事のこちらで↓↓


まさか寝る時にあったか靴下とか履いてないですよね?

 

で、今日の本題なのですが、

 

実は冷えの症状を強める食べ方・食材
というものがあるので
そのことについて書いていきます。

 

 

 

 

「この世のあらゆる事象は、「陰」と「陽」の相反する二つの性質を持ち、両者の調和によって世界が保たれている」

 

これは東洋医学の陰陽思想と呼ばれる考え方で、森羅万象万物には全て真逆な2つの性質があるということを言っています。

 

一例をあげると

・男と女
・夜と昼
・表と裏
・天と地

こんな感じでしょうか。

 

もちろん、私たちのカラダも例外では無く
冷えという悩みがあるのなら
暑い(火照る)という悩みもあるということです。

 

そして、大事なのが最後の一文で
『両者の調和によって保たれている』という部分。

 

要は、バランスが大事だということです。

 

マクロビやナチュラルハイジーン
糖質制限など

 

最新のダイエット法や健康法が流行るたびに
実践する人も多いと思うのですが、

 

本来取り組むにあたっては、
体質で考えなければいけないですし、
体調によっても変化させなければいけません。

 

※このあたりを知りたい人は、
ぜひ1度メタトロンカウンセリングを受けてください^ ^

 


メタトロンで見る4タイプ別食スタイルとは!?

 

【ホンマでっか!?TVでも紹介】メタトロン(MTR)で身体チェックしてみませんか?

 

簡単に言うと、『冷え』という状態が出ているのなら、真逆の『温める』という取り組みをする必要があります。

 

ここで今日の本題の
食材と食べ方の話になるのですが、

 

実は、女性が大好きな『果物』は
カラダを冷やす働きがあります。

 

東洋医学では、『冷』を陰性と表します。

 

例えば、暖かい南国の地域の人は
バナナ、マンゴー、キウイ、パイナップルなどの果物を食べますよね?

 

あれは、元々温暖な地域の人が
カラダを冷やすために発達した食文化なんです。

 

日本で、夏にスイカを食すのも
「熱」を「冷」で調和が取っているのです。

 

ただ、現代の女性は肉食をあまり好まず
生野菜や果物を美容食として多食する人が多いので、

ひたすら身体が陰性の冷えの方向に傾いている状況です。

 

※肉は血やエネルギーを作るのでカラダは陽性(温める)方に傾きます。

 

本来、野菜や果物を取り入れるときは
身体をあたためる性質の食べものと
組み合わせる必要があります。

 

ちなみに、
冷たい氷水を飲むと身体を10~20分くらい冷やしますが、果物を食べるとなんと身体を2~4時間冷やし続けます!!

 

食で全てが変わるとは限りませんが、
冷え症をつくり上げ、
いろんな慢性病の原因には食の偏りがあります。

 

あとは、お菓子、甘いものが好きな人も
冷えの症状は強くなります。

 

アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギー症状

生理不順、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症などの婦人病

皮膚病、胃腸病、頭痛、肩こり、腰痛、神経痛

 

これらは東洋医学の陰性に傾いた時の症状です。

 

今日の話をまとめると
冷えや睡眠の改善には食を一度
見直してみてはいかがでしょうか?

 

本日もお読みいただきまして
ありがとうございました。

 

PS:本日の内容はいかがでしたか?
2日に1度、アンチエイジングな睡眠情報配信中です♪

依田恭平 公式LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40xqs7222j

ID検索:@xqs7222j

 

【大人気の記事はこちら】

祝!!2周年!!【過去と現在と今後について】
『リュックを背負って寝てみましょう』って普通言うか?
その寝不足がいつしか『仕事が嫌い』に変わる
下半身太り解消!隠しコーデから卒業!!
自宅にある素材で簡単に作れる!オリジナルオーダーメイド枕

 

残席わずか!!
アンチエイジング睡眠説明会はこちら

〜君たちはどう生きるのか?〜
2時間で将来の不調が消える快眠体質が手に入る!
アンチエイジング睡眠説明会

1月6日(日)18:00〜20:30

↓本日よりセミナー申込開始↓
詳細・申し込みはこちら

8名限定の少人数説明会!

お席の埋まりが早いことが予想されますので
参加表明はお早めに(^ ^)

 

7日間の無料メール講座はこちら

アンチエイジング睡眠で脳内をスッキリ清潔に!!
メルマガ登録で『快眠12ヵ条 睡眠学の教科書』を無料プレゼント!

㊙の睡眠習慣をプレゼント


【頭痛にお困りのあなたへ】
頭痛の原因は睡眠から!
あなたの睡眠をよくする7STEPを公開しています!

『魅力的な人が絶対にやっている未来ライフな㊙︎睡眠習慣』
今だけこっそりLINE@で教えてます
【↓登録はこちらから↓】

友だち追加

あなたの頭痛を今スグ解消するなら!


不眠・頭痛・眼精疲労
姿勢改善・骨盤矯正
今スグに治したいのならコチラをチェック!↓


この記事のシェアはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です