【効果絶大】むくみの解消方法!ただ○○するだけでむくみ知らずに?

私の経験上「むくみ」に悩む女性はとても多いです。

今回はむくみの原因と自分で出来るむくみの解消方法について、いくつかご紹介します。

むくみ知らずの「すらっとした美脚」や「ほっそりした二の腕」を手にれましょう!

「まさか!」むくみの意外な原因は…?

こちらでは体がむくんでしまう原因について解説していきます。「なぜ体がむくむのか?」が分かれば、対策も立てやすいですよね。

むくみの原因には

  • 塩分の摂りすぎ
  • 水分不足
  • 糖質の摂りすぎ

があげられます。以下で詳しく見ていきましょう。

むくみの原因その1:塩分の摂りすぎ

これは知っている人も多いと思います。1日の推奨量は、男性は8g以下、女性は7g以下ですが、WHO(世界保健機構)は5g以下を薦めています。かなり薄味ですね。

夏は汗もかきますが、世界的な基準を見ると、汗をかくからといって、塩分を増やす必要はなさそうです。

むくみの原因その2:水分不足

「水を飲むと、むくむ」と思っている人が多いのですが、実はその逆です。水が足りないから、むくむのです。

摂取する水が足りないと、身体は、また足りなくなる危険性があると判断し、本来、排出するべき水分を溜め込んでしまうのです。

水分とは「水」のこと。コーヒーや緑茶など利尿作用が高いものは、飲みすぎると水分不足を引き起こします。また「麦茶(またはハーブティー)を飲んでます」という方もいるのですが、それらも水とみなしません。身体にとって必要なのは、純粋に「水」なんです。

むくみの原因その3:糖質の摂りすぎ

これは知らない人も多いかと思いますが、糖分の摂り過ぎもむくみの原因となります。

なぜなら、糖分は、体内に入ると水分とくっつく性質があるからです。1gの糖分で水分3gとくっつきます。つまり3倍の水を蓄えるということになります。

極度の糖質制限は筋肉を減らし、身体を冷えさせたりしますが、摂りすぎも大問題なんですね。

むくみと腸内環境ってとてもつながりが強いんです。こちらを読んであなたも、体の内側から「イイ女」を目指しましょう!

むくみもすっかり改善!腸で40代からの女度は大きく変わる!

超簡単!むくみの解消方法を紹介!

こちらでは、今日からできる簡単なむくみ解消法を紹介していきます。

  • 水の飲み方
  • 体操
  • リンパマッサージ
  • ストレッチ

の4つの観点から見ていきます。

むくみ解消の方法その1:むくみ知らず!代謝を上げる水の飲み方。

必要な水の量については諸説ありますが、夏は2リットル、それ以外の季節は1.5~2リットル飲むのが望ましいです。

体が水分不足を感じることがなくなり、新陳代謝も活発に働くようになるには

  • 白湯か常温の水を飲む
  • 水を口に含んでから3秒経ってから飲む。
  • こまめに時間をかけて飲む(30分でコップ半分くらい)。

を心がけてください。こまめに飲むのが難しい人は、1回あたりコップ1~2杯くらいを目安に飲むようにしてください。

冷たい水は内臓や身体を冷やしてしまい、代謝が落ちてしまいかねないので、避けるようにしましょう。

むくみ解消の方法その2:名前は嫌だけどむくみに効果抜群な「ゴキブリ体操」

  1. 仰向けに寝て、手足を天井に向かって伸ばします(ひじやひざを曲げていてかまいません)。
  2. そのままの姿勢で手足を細かくブラブラと1分間ほど揺らします。

揺らし終わったら、ゆっくり手足を戻します。

ここでのポイントは「ムキ(一生懸命)にならないこと」。ムキになると、呼吸が浅くなったり、止まったりしてしまいます。また余分な力も入ってきます。人に揺らされているような、気持ちよさを感じるくらいの揺れがちょうど良いのです。

こちらの動画で、やり方とより詳しい解説がされています。イメージがわきやすくなりますので、合わせてご覧ください。

 むくみ解消の方法その3:たったこれだけで、効果絶大。むくみ解消のリンパマッサージ。

身体の表層に近いリンパは、実は肌の下0.2mmのところを流れています。だから、ただなでるだけで、充分、リンパは流すことができるのです。

私がエステティシャンをしていた頃、ただ、なでるだけのマッサージでふくらはぎが0.5~1cm、ウェストが4cmダウンするお客様は結構多くいたんです。トイレに行ったときなど、こまめになで上げてください。

なでる方向は鎖骨に向かうようになでる。鎖骨から下は上に向かって、鎖骨より上は下に向かって、となります。

また、ひざ裏を揉むとさらに効果が高まります。

むくみ解消の方法その4:通勤電車の中でもできるほっそり脚を作る簡単ストレッチ

筋肉不足、運動不足もむくみの原因。簡単なストレッチ

  1. 手すりかつり革につかまり、片方の足の踵をつけ、つま先を天井に向けるようにし、そのまま数秒~10秒キープ。
  2. 脚を元に戻し、逆側の足で同じことを行う。

これを数回繰り返す。女性はヒールを履いているので、ふくらはぎの筋肉やアキレス腱が縮みがち。しっかり伸ばしてあげることがむくみ知らずの脚を作ります。

このストレッチはエスカレーターでもできます。

まとめ

  • むくみの原因には「塩分の摂りすぎ」「水分不足」「糖分の摂りすぎ」などがある
  • むくみの解消方法を「水の飲み方」「体操」「リンパマッサージ」「ストレッチ」の観点から紹介。

いかがでしたでしょうか?

こちらの記事で紹介した「むくみの解消方法」は簡単なのに効果は抜群なものばかりです。むくみが気になる方は、今日からぜひ実践してみてください。

当記事の監修

スパークルビューティー・メソッド代表 深澤美代子

拒食症になった経験から、多くの女性が健康的に美しくいるサポートをしたいと考え、エステテシャンとなる。ホテルオークラなどにあるサロンにて勤務。系列100店舗のエステテシャンの中で退職前の2年連続でお客様の投票により「輝いてるエステテシャン」に選ばれた。現在、健康的なダイエットやスキンケア、メイクなどが身に付くスクールを主宰。

20代の頃の若さを取り戻す秘訣を解説!「限定小冊子」をプレゼント

無料の公式LINE@を友達追加していただくと、アンチエイジング睡眠の専門家が監修した『アンチエイジング睡眠3つのポイント 限定小冊子』を無料プレゼント!

無料LINE@

(ID検索:@xqs7222j)

この記事のシェアはこちら