40代が気になる目の下のたるみをスッキリ解消して爽やか美人になろう

ふと鏡越しの自分と目が合った時に「あれ?!老けた?」と実感してしまったこと、ありませんか?

お顔がたるんだなぁと感じてしまうポイントはズバリ口元と目元にあるんです。

今回は40代女性が気になる目の下のたるみに焦点を当てて爽やか美人を取り戻す秘訣をお教えします。

 

気になる目の下のたるみは何が原因で起こるの?

目の下のたるみの主な原因はズバリ加齢によるものです。くわしく見ていきましょう。

目の周りの筋肉量の低下が原因

眼輪筋と呼ばれる目の周りの筋肉の力が衰えたり、加齢によって筋力が薄くなることで、目の下の脂肪を押しとどめることが出来ず、脂肪が前に出てしまうことでたるみが起こります。

加齢によるハリや弾力成分の減少が原因

・肌のハリや弾力成分であるコラーゲンエラスチンが減ることで、肌が垂れ下がってしまいます。

更に詳しくご説明しましょう。

眼輪筋とは

目の周囲を覆っている筋肉で、まぶたを閉じる働きをしたり、目の周りをクッションのように包んでいます。 脂肪が前に出ないように留めておく働きもします。

コラーゲンとは

およそ30種類あり、肌の中の真皮という部分にあります。主に肌を柱のように支える細胞で、減少すると肌のたるみの原因となります。

エラスチンとは

コラーゲンを結びつけている細胞です。エラスチンがあることで、コラーゲンがバネのように動くことができます。真皮にわずが2%程度しかありません。

真皮とは

肌は表皮・真皮・皮下組織(皮下脂肪)の三層に分かれ、その下に筋肉があります。真皮にはフィブロブラスト(繊維芽細胞)があり、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を含むムコ多糖類を作り出してくれます。

真皮が衰えると表皮が生まれ変わるサイクル、つまりターンオーバーが正常に行われなくなります。

ターンオーバーの周期が長引いたり、正常に作動しないことで、表皮のたるみは勿論、シワやクマの原因となるのです。

目の下のたるみを取り除くにはどうすればいいの?

ここではたるみをスッキリ改善するにはどうすれば良いのかを見ていきましょう。

眼輪筋のエクササイズ

①視線を上にしたまま、眩しくて目をすぼめるイメージで、下まぶたを上に近づけます。そのまま5秒キープを1回3セットしましょう。

赤ちゃんは、下まぶたを持ち上げることができますが、大人になるとできなくなる人が多いのです。 私がこれを教えた人のほとんどができませんでした。 ポイントは諦めずにやること。上まぶたを下げないことです。

(視線を上にしたまま行うのは、上まぶたが下がらないようにするためです。額にシワが寄らないよう、目は見開かないで行います。)  上まぶたが動いてしまう人は、上まぶたを軽く指で押さえましょう。

②目を回転させましょう。目を大きく円を描くように動かします。右回り、左回りを各5回ずつ1回3セットしましょう。

これは、眼輪筋全体を動かす効果的なエクササイズになります。

③目を大きく見開いたら5秒キープします。その後ゆっくり目を閉じましょう。上まぶたと下まぶた、両方で閉じていくイメージです。

皺眉筋(眉を持ち上げる筋肉)を使わず、額にシワが寄らないように手で額を軽く押さえて行いましょう。1回3セットしましょう。

3つのエクササイズの注意点とは?                      ゆっくり行うこと。スピーディに行うと効果はありませんので、ちょっと疲れてもゆっくりを心掛けましょう。

肌にハリや弾力を取り戻す方法

コスメ製品に含まれるコラーゲンやエラスチンのほとんどは、残念ながら真皮までは届いてくれません。

例外として専門的になりますが、真皮まで届くコラーゲンはアテロコラーゲンをポリペプチド化したものやナノ化されたコラーゲンとなります。

同様にエラスチンもナノ化されていれば、届くのでしょうが、エラスチンのナノ化は、私も聞いたことがなく、今回調べても出てきませんでした。

ではコスメ製品のコラーゲンやエラスチンは意味がないの?と聞かれると、もちろんそんなことはありません。表皮レベルで保湿の作用があるためです。低分子は表皮の下まで届き、高分子は肌の表面近くにとどまります。

世に言うハイブランドのコスメ製品はお値段もしますが、成分だけでなく製法もとても拘っています。例えば成分は全成分表示されますが、製法までは書かれていません。ですが、タイムリリースやナノテク、特許製法で作られているなど、ハイブランドの場合その割合が高いと言えるでしょう。

惜しまぬ企業努力はハイブランドが信頼できる根拠の一つです。

コスメ製品の使い方

目の周りの肌はティッシュ1枚分の薄さしかありません。その為、摩擦による黒ずみなどの肌への悪影響が起こらないように最も力の入らない薬指を使って丁寧に優しく塗ることが大切です。

目尻→目の下(下まぶた)目頭→目の上(上まぶた)→こめかみ の順番で丁寧に塗りましょう。これはリンパの流れに沿った塗り方となり、この方向で統一して塗ることでクマやシミの予防、改善にもつながるんです。アイクリームやアイセラムなどを使うのもおすすめです。

目の下のたるみケアの締めくくりにはおすすめの3つのたるみ改善ツボをプッシュしましょう。晴明・瞳子髎・絲竹空この3点をアイケア後にぎゅっと5秒程押すとよりたるみの改善に繋がります。

  • 晴明 (せいめい) 目元の目尻付近
  • 瞳子髎(どうしりょう) 耳側の目尻付近
  • 絲竹空(しちちくう) 耳側の眉尻付近

目の下のたるみにおすすめなアイケア製品

それでは私自身が使用して効果を実感したり、色々な方々にオススメして喜ばれているプロダクトをご紹介しましょう。

  • ゲラン   オーキデアンペリアル                   アイ&リップ
  • エステダム   リフシス アイクリーム

こちらの2点はたるみケアにとてもおすすめです。

サプリメントやおすすめの食べ物はあるの?

サプリメントは目の下のたるみだけではなく、肌全体に行き渡りますので、おすすめです。詳しくご紹介していきましょう。

コラーゲンやエラスチンを作り出すためには

  1. コラーゲン
  2. エラスチン
  3. ヒアルロン酸
  4. ビタミンC

が配合されているものを選ぶと良いでしょう。1~3があることで相乗効果を生み、4で再合成を促してくれるからです。また、ビタミンCはフィブロブラスト(繊維芽細胞)の栄養源にもなるのでとても大切です。

食べ物でコラーゲンを摂取しようとする場合のおすすめは肌のハリをUPしてくれる フカヒレやゼリー(ゼラチン)などはいかがでしょうか?ゼリーはコラーゲンを加水分解したものですので、お肌にもおすすめです。

まとめ

日常的に特に女性は相手の目を見てお話しをすることが多いので、どうしても目についてしまう目元のたるみですが、筋肉の衰えや表情が硬いとたるみの原因となります。

逆に言うなれば満面の笑みで笑うというのが良い改善方法になるのです。目の下のたるみ改善にもなって、いつもひまわりが咲いたような素敵な笑顔の女性ってとても美しいとは思いませんか?皆様もぜひ記事をご参考に爽やか美人になりましょう!

当記事の監修

 

スパークルビューティー・メソッド代表 深澤美代子

拒食症になった経験から、多くの女性が健康的に美しくいるサポートをしたいと考え、エステテシャンとなる。ホテルオークラなどにあるサロンにて勤務。系列100店舗のエステテシャンの中で退職前の2年連続でお客様の投票により「輝いてるエステテシャン」に選ばれた。現在、健康的なダイエットやスキンケア、メイクなどが身に付くスクールを主宰。

 

20代の頃の若さを取り戻す秘訣を解説!「限定小冊子」をプレゼント

無料の公式LINE@を友達追加していただくと、アンチエイジング睡眠の専門家が監修した『アンチエイジング睡眠3つのポイント 限定小冊子』を無料プレゼント!

無料LINE@

(ID検索:@xqs7222j)

この記事のシェアはこちら